2020年03月24日

気仙沼ほてい「ふかひれ濃縮スープ」


先日イオンに行くと、たくさん並んで売り出しされていたのが、中華スープ
薄めて玉子入れて煮込むタイプのスープって、よく買うんですが、今回は気仙沼産のフカヒレを使ったもので、しかも3種類の味。
北京風、広東風四川風です。
中華料理って色々あるし、四川は辛い、広東は…とろみがついてるって、なんとなくイメージできますが、北京って何だろう…。
北京って…北京ダックくらいしか思いつかない…。

そこで北京風にチャレンジすれば良かったんですが、実際買ってみたのは安定の広東風と四川風。


223FA0C2-2E4C-480B-8ABB-16CD16657D95.jpeg

濃縮されていて、水を入れて温めて、玉子を入れて仕上げるんですが、1袋で3〜4人前のふかひれスープだ作れます。
ただ…本当に、チャーハンにラーメン、唐揚げの定食の付け合わせの、カップ1杯分なら4人前ですが、スープをガッツリおかずにするなら2人前と思って良いかもしれません
ワンタンとか入れて更にボリュームを増すようなアレンジも良いかもしれませんね。

ちなみに広東風を先に食べましたが、具は竹の子、椎茸ふかひれ…それから自分で入れる溶き卵です。
具がたっぷりで美味しいです。
鶏ガラスープにお醤油味のスタンダードな味…

それにしても、気仙沼産のフカヒレって、なんか珍しいなと思っていると、気仙沼って、サメ類の水揚げが日本で一番多いのだそうです。
そうなのか…国産フカヒレ…いいね
国産フカヒレ、いっぱい食べよう。

っていうか…こうなるとやっぱり、今回買わなかった北京風も気になるので、次回は買ってみよう。



興味を持っていただきありがとうございます
よければバナークリックおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
posted by かめだ・かめ at 07:27| 茨城 ☁| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: