2015年10月27日

懐かしお菓子「梅鉢」

*----------------------------*
 かぎにゃんこ・購買部
*----------------------------*

「梅鉢」というお菓子はご存知でしょうか

2258078_2173149844_204large.jpg

こんなお菓子です。
っていっても…この写真ではわかりづらいでしょうけど…。
丸めて揚げた、かりんとう種を水あめで固めたものの上から白飴で巻いたものです。
私の地域ではこれを「梅鉢」と言っていましたが、地域によっては「奉天」とも呼ぶみたいです。
このように呼ばれるのは、家紋の「梅鉢」に似ているためとも、
天神さまにお供えするお菓子だから…「奉納」と「天神」で奉天…とも言われているようです。
ちなみに、私の祖母の家紋は梅鉢でした。私は…五三の桐ですが…。
それはさておき、
最近、あまり見かけないなと思ってたんですが…
久しぶりに見かけたので、早々に買ってみました。
そんなに、特別に好きというわけではないんですが、でもたまにふと食べたくなったり、
見かけると懐かしく感じて…

これも、いろんなメーカーから似たようなものが出ていますが、
これは京都の青木光悦堂の梅鉢です。全菓博栄誉大賞なるものを受賞しているそうで…。

たしかに、独特の食感と甘さ、おいしいです
ただ…以前、よく食べてたものは、もっと、ものすごく堅くて…
しかも、もっと水あめのねっとり感があった感じもするんですけどね…
梅鉢と一言でいっても、同じような材料、同じような製法でも、
やはりメーカーによって色んなこだわりとか、味や食感があるのでしょうね。
各メーカーの食べ比べとかも、美味しいかも



興味を持っていただき、ありがとうございます
よければバナークリックおねがいします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ラベル:梅鉢 奉天
posted by かめだ・かめ at 12:28| 茨城 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック